投稿一覧へ

投稿一覧へ

Twitterで投稿すると当選確率2倍!

※Twitterで参加を選ぶと@a_man_movieと@kakusan2015を自動でフォローします。

参加する

応募期間

当キャンペーンは終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

予告編を観る

賞品

参加する

k_hana0806

女性

愛する夫が実は全然違う人だということで、人を愛することに彼の過去など関係なく、今を愛することが大事なんだと考えさせられました。

  • LINE
4月29日

ゆう

女性

「人は過去があるから今の人格がある。その過去を含めその人を愛するのか、または違うのか。」と言うことを考えさせられた。映画公開楽しみです。

  • LINE
4月29日

まよ

女性

Xがどうして他人に成り済ましてまで生きようとしたか⁉️最後は涙が自然にあふれて‥‥‥家族、親と子考えさせられた作品でした。映画はどこに焦点を起き展開するのかまた観た後読み直します!

  • LINE
4月29日

199874oct10

男性

愛したはずの夫は別人であった…。 過去は関係なく、目の前にいる人を愛したから共に過ごしてきた。 愛することの大切さを考えさせられました。

  • LINE
4月29日

green0414

女性

ずっと大人目線で読み進めていましたが、最後の最後で悠人くんに掻っ攫われました。大人と子供の狭間で感じる胸の内を思うと切なくて愛しくて…涙が溢れました。

  • LINE
4月29日

beautybloom0716

女性

誰が愛したはずの夫なのか、全く想像のつかない展開に読む手を止められなかったぐらい引き込まれた。私たちは無意識に過去に縛られてるのだと、映画が楽しみ

  • LINE
4月29日

prepre211

女性

結末はあふれ出る涙をこらえることができなかった。家族のあり方、本物の愛とはなど、幸福についての定義をあらためて考えさせられる作品であった。

  • LINE
4月29日

madeleine

女性

愛した人は誰だったのか。死後、名前を失くしたある男。弁護士が辿る彼の人生は、辛い現実を露にする。相手の過去を含めた全てを、人を愛することの意味を問う作品。

  • LINE
4月29日

まい

女性

「ある男」の正体を知るために彼の過去を探る城戸。私自身幼い頃に、自分が死んだ後の世界を想像することがあったため、彼の死生観には正直、共感するところがあった。「ある男」は、他人になりすました人生ではなく、他人の人生を生きた。でもそれは結局は自分の人生なのではないかと思う。バトンタッチした時点で、未来はその人次第でどんなものにでも変えられる。彼が共に暮らした家族は間違いなくあって、それが生きた証なのかもしれない。自分の人生とは、と考えさせられる1冊。目の前にいる人を信じること、ただそれだけで十分なのかもしれない。そうすることで自らの居場所、存在を認められ、生きる意義を見出す人がいるのかもしれない。

  • LINE
4月29日

Toyono2010

女性

ミステリアスなストーリー展開に引き込まれて一気に読んでしまいました。愛することの意味について考えさせられる貴重な作品。映画化での表現や世界観が楽しみ!

  • LINE
4月29日
a-man
0
0